私は特発性拡張型心筋症・うつ病・糖尿病のニート女です。お役立ち情報やサイトなどを、無節操に紹介しています。
女装パラダイス
2008年04月30日 (水) | 編集 |
20080430173454


私はTBSテレビで放送されている「学校へ行こう!MAX」と言う番組の「女装パラダイス」が大好きです。

別ブログにも書いたのですが、反響が大きかったので、こちらにも書きます事をどうかお許しください。

私がこのコーナーを知ったのは、恥ずかしながら、つい最近の事なのです。
……が、もともと女装好きだった事もあり、夢中になってしまいました。
携帯サイトの女装男子の待ち受け画像は、全部保存してしまいました(苦笑)

別ブログにも書きましたが、私が女装好きになったのは、『処女はお姉さまに恋してる』こと「おとボク」に出逢ってからの事です。

それまでも、女装を扱った作品は読んでいましたが、特に好きなわけではなかったのです。
ところが、この作品に出逢ってから、私の中の何かが目覚めてしまったみたいです。

「おとボク」についてはリンクにもしている「瑞恋連盟りにゅーある」のほうで色々書いていますので、もし、ご興味を持たれた方は見てくださいね。

こちらがアドレスになっています。

ameblo.jp/kozuka1/

この本は私も大好きなゲームの女装少年2人が表紙になっています。
背が小さい方が「ゆりね」の奈月ちゃん、高いほうが「おとボク」の瑞穂ちゃんです。

この本は男性向けゲームの女装少年たちを紹介しています。
ショタコンやショタとも呼ばれる少年好きの方は、今や女性のみではなく、男性にも増えているのですよ。
「ショタケット」と言う可愛い少年を扱った同人イベントは、男性のほうが多いとか……。
この事は、BL系の作品を好んで読む男性が増えている事と、関係があるのかも知れませんね。

この本は、そんな男性向けゲームの女装少年たちの魅力を余すことなく紹介しています。
二次元の女装少年たちにも興味のある方は必見の本かも知れません。

一方、このブログもタメになりました。
昔からいわゆる「女形」たちが、なぜ女性に人気があるかを、わかりやすく説明していて納得しました。

tapten.at.webry.info/200802/article_11.html

私の女装への探求心は、自分が思っていたよりも、深く果てしないものかも知れませんね。



スポンサーサイト
テーマ:PCゲー
ジャンル:ゲーム
オンナノコになりたい!
2008年04月22日 (火) | 編集 |
20080422210248


今日はAmazonから、この本が届きました。

この本は女装をしてみたいけど、どうやったら良いかがわからない男性向けに書かれた本です。

女の私がなぜ買ったかと言うと、女装する男性が大好きで、その事が知りたいから……、に他ならないからなのです。

ちょっとだけ読んでみましたが、確かに全くはじめて女装をする男性にも、とてもわかりやすい本だと思いました。

少しずつ読んでみるつもりです。




テーマ:*コスプレ*
ジャンル:サブカル